FC2ブログ

節約とお得情報で快適リッチに

オール電化やリフォームのお勧め情報を掲載,。その他、日常のお得情報やお勧め情報・商品を主婦の目目線で掲載。

エコキュートの凍結防止について

暖かくなるまであと少しでしょうか。

春が待ち遠しいですが、このところの寒さでお湯が出なかったり、していませんか?
我が家も、昨日一昨日とお湯が出ませんでした。

普段は入浴後に浴槽のお湯を落とすのですが、最低気温が氷点下と予想される時はお湯を抜きません。

エコキュートのフルオートタイプは、凍結防止機能が働きます。
外気の最低気温が氷点下になると予想される時は、入浴後にお湯を抜かず、自動湯張りのアダプターの所までお湯を残したままにしておきましょう。
この位置までお湯を残しておかないと、凍結防止機能が働きません。

普段はお湯を抜いてお掃除される方でも、寒さが予想される日は浴槽のお湯を残してくださいね。

それでも、寒さが厳しい場合は外気温が上がるまで、お湯が出ない場合もあります。
通常は、しばらくするとお湯が出ますので様子見してください。

外気温が上がってもお湯が出ない、お湯や水が漏れているような気配がある時は、水の元栓を締めてください。

水道工事店に連絡し見てもらいましょう。.


スポンサーサイト



眠りを寸断したのは!!

日中はまだまだ暑いですが、朝晩は秋の気配を感じるようになってきましたね。

ほんの少しですが、しのぎやすくなり夜はエアコンを切って窓を開け扇風機をタイマーセットして寝ました。
すると、問題発生です。

涼しくなったということは、秋なんですね~~。

寝ていると何やら普段聞きなれない音で、眠りを寸断されました。

こんなに朝早くから工事でも始まるのかと、ビックリして外を覗くと、なんとコンバインでした。

我が家近辺は坂道なので、車の音は特にうるさく感じます。
農家さんが、コンバインで我が家の前の道を通ってました。

お米の刈り取りなのでしょう。

日中は暑いですからね。
朝の涼しいうちに作業されるのですね。
お気持ちお察しします。

しかし、しかしですね~~
窓を開けていると眠れません。
遠くを通っておられる時点から、音がうるさかったですから。

他にも数人で早朝ウォーキングされる方の話し声にも、起こされてしまいます。

話し声も、トラクターなどの農機具の音も心地よい眠りを寸断します。

せっかく涼しくなって心地よく眠れる季節なのですが、やはり窓は閉めて眠るほうが良さそうです。
防犯の意味も含めて。

最近のエアコンは省エネですので、外気温が低ければ特に電気代を気にする必要もなさそうです。

そして、扇風機も。
今年は、1台扇風機を買い替えました。
DCモーターの扇風機です。
風が自然の風に近くて、とても心地よいです。
電気代もかなりの省エネです。

扇風機


そんなわけで、窓を閉めて寝るにはまだまだエアコンと扇風機が必要です。
しっかりと睡眠をとるためにも、眠りの環境を整えて、夏の疲れを残さないようにしましょう。

大雨警報が

久しぶりのブログ更新です。

本当に雨が良く降りますね。

大雨警報も頻繁に出ます。

警報といえば、最近はスマートフォンで便利なアプリがありますね。

私は市の防災メールを登録しています。

すると、気象情報で警報が出た場合はもちろんですが、避難所開設情報や、避難勧告、通行止めなどなどがメールで入ってきますので便利で役に立ちます。
もちろん解除の連絡も入りますが、このところ警報が多いです。

しばらく雨が続きそうです。野菜の価格高騰もあるかも知れません。

水不足は困りますが、ほどほどの降水量で水がめが潤うと良いのですが。

桜が満開

急に暖かくなり、気付くと桜が満開に

私の毎日の行動範囲で桜の見れる場所は、多くはありませんが2.3日前急に咲き始めたのに気付きました。

小学校の校門付近と、近所にも桜が目に入る場所があります。

花が咲く前の樹は枝のみのためか、車で通り過ぎるのには全くと言っていいほど視野に入ってきません。
ところが、桜の花ってホンワリと白く、視界の中に浮かびあがるように入ってきますよね。

夜桜見物をすると、暗闇に浮かびあがって本当に綺麗で
心が洗われる感じです。





義援金

東日本大震災から3週間が経ちました。

ニュースを聞くたびに心が痛みます。

そこで、私にできるささやかなこと。

本当にささやかですが、義援金を寄付させて頂きました。

ポイントで寄付ができました。

セ○ールと楽○でポイントを寄付しました。

本当にささやかで申し訳ない位です。

セ○ールは残っていたポイントを全部、同額のポイントをセ○ールが追加してくれるそうですので、倍になりました。
楽○は先月末で無効になってしまうポイントに少し上乗せさせていただきました。

どれもささやかではありますが、自宅にいて簡単にできる方法でした。

復興の何かのお役に立てれば幸いです。